伝説の美白

人気記事ランキング

ホーム > WiMAX > おすすめの契約プラン

おすすめの契約プラン

まず最初に、通信制限有りのwifi契約の場合、契約内容によって7GBの制限などその基準が正確に表示されています。また、多くのものは、現在までのデータ利用量を表示してくれるので、計画を立てて使うことができる利点があります。

そのうえ、一般的にこのサービスの提供者は、携帯電話各社やその他ネットワーク会社から通信帯域を購入していることが多いため、データ容量制限があるwifiの場合は、サービスの提供会社も使用者が使う月間データ量を把握しやすく、適切な回線スピードを維持できる可能性が高まります。

さらに、速度制限がかかり、低速になった場合でも追加料金を支払うことで高速通信が可能になることも多く、回線速度といった部分では期待できることが存分にあります。

次に、無制限プランについては、サービス提供事業者によっても異なりますが、本当の意味での無制限を提供しているところはほとんどありません。通信制限の基準があやふやなところが多く、混雑時のみ制限をかけるとか、動画などの視聴が多い方のみ一定期間制限をかけると規約に明記しているものがほとんどです。そのため、回線状況によっては意図しないタイミングで制限がかかることがありえます。

また、無制限プランの多くは、月額何円といった完全固定制のものが多く、1GB何円といった少ししか使わない方にとって通信制限有りプランよりも割高になります。そのうえ、通信制限有りプランの場合は、追加料金を支払うこととで、高速通信に戻すことができるものが多いですが、無制限プランの場合はそういったものはほとんどありません。そのため、仮に無制限プランで通信制限にかかってしまうと数日程度低速で我慢しなければならない場合も考えられます。

さらに、利用者が無制限で使えると思うと大量にデータ通信をする可能性が高く、サービスの提供する会社が、回線帯域の確保を見誤ると品質が極端に悪くなる欠点があります。

最後に、データ通信を大量に使う予定の方は一見無制限プランの方が良いように感じるかもしれませんが、契約時に規約をきちんと確認する必要があります。さらに、その規約があやふやな場合は、販売員に直接聞くかインターネットでの口コミも参照することが理想です。最近の回線契約を伴うwifiは、契約期間が長期化しているものが多く、短期解約した場合の高額な違約金や実際の端末支払いまでに3年ようするものもあります。慎重な契約が望まれます。

WiMAXをすぐ使いたい